ワイドFM対応CDラジオ、Audience CDR-50でAM番組を聞いてみよう!

 みなさん、ワイドFMってご存知でしょうか?2015年12月に始まったラジオの新しい放送形態で、早い話がFMラジオの周波数帯(地上アナログTVで使われていた帯域の活用)でAMラジオの番組が聴けるというもの。
 AMラジオってたまに聴きづらい・・・。その原因はAMラジオの電波が地面に沿って進むため、ビルや山に電波が遮られてしまうからです。そこでワイドFMでは新たに割り当てられたFM周波数帯を用いてAMラジオ局の番組を同時放送します。これでAM放送の聞こえる範囲がググッと広がり、おまけに高音質に。災害時にも役立つと期待されています。
 で、どうしてこんな話をしたかというと、実はウエイドがこのワイドFM対応ラジオのデザインに携わったからです。
 それがこちら。CDラジオ、Audience CDR-50です。
CDラジオ Audience CDR-50
 こちらのCDラジオは新ブランド、「Audience」立ち上げの第一弾で、もちろん「Audience」のブランドロゴもウエイドのデザインです。
 普段こちらのブログでは主に本の仕事の紹介をしていますが、ウエイドはオーディオ機器のデザインの仕事もしているのです。
 今回のお仕事は、一般的な製品の形状からデザインするプロダクトデザインとは違い、すでに完成した設計に対して配色を行う、ビジュアル面でのデザインでした。このラジオは高級感と可愛らしさを兼ね備えたイメージとのことでしたので、全体的に白を基調とし、操作ボタンや側面のラインに青を入れて、格調高く、ほんのりとポップな印象に仕上げました。この配色は好評で、ピンクバージョンも生産されることに。
CDラジオ Audience CDR-50BL
 また、デザインしたのはCDラジオ本体だけではありません。他にも商品の化粧箱(店頭で製品を入れておく箱のこと)や配送用段ボール箱、店頭用POP、取り扱い説明書なども手掛けました。
CDラジオ Audience CDR-50 取扱説明書 表紙CDラジオ Audience CDR-50 取扱説明書 本文
 特に取説は実際にラジオの動作を確認しつつ、わかりやすいい表現は何か、入れる要素を取捨選択したりと編集的な仕事となりました。
 このCDラジオ CDR-50は、すでに関西では発売が開始され、関東でも近日中に店頭に並ぶ予定。エディオンネットショップでも取り扱いが始まっております。この機会にラジオをワイドFM対応に切り替えてみては?なお弊社では現在社内BGM用に絶賛稼働中。
 我々ウエイドは今後もプロダクトデザインのお仕事もどしどし受けていく予定です。
 というわけで、どなたか全自動でシャツにアイロンかけてくれる機械を開発してデザインを依頼してくれませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です