カテゴリー別アーカイブ: その他

いざ、山城攻め! 「城歩き」虎の巻。

城びとより

「あっ…お城…城に登りたい…!」
そんな時に便利な、様々なお城情報やクチコミなどがのっているサイトを御存知でしょうか?
それがコチラのサイト「城びと」です。

お城に関する読み物や、お城に関するイベントの情報・レポートなどが掲載されていますので、お城好きの方はもちろん、「お城に少し興味がある…。」という方にもオススメです。

自分が行ったお城の情報を投稿することができるので、自身の備忘録としても使えます。
また、他の方の投稿をみて実際のお城の様子などを知ることができ、お城巡りで大活躍します!

こちらのサイト内の連載「ナワバリスト西股さんと行く!ビギナー女子の山城歩き」に、ご縁ありまして、弊社デザイナー木下が参加させていただくことになりました!
取材当日はサポートとして、私、菅野もお供しました。

タイトルの通り、大人気大河ドラマ「真田丸」の軍事時代考証もされていた、ナワバリストこと城郭研究家の西股総生さんと山城へ行き、遺構などを巡る企画となっております。

私も個人的に山城へ行ったりするのですが、実際現地に行っても「このあたりにお城があったのか〜…」とぼんやり思う程度なので、しっかりと詳しい方に解説していただきながら、実際に山城を散策するのは本当に貴重な体験でした。

“山城”ときくと、「すごく山奥なの?」と思われるかもしれませんが、実は駅から徒歩圏内の近場のお城もあるんです!
現在サイトにて公開されている「茅ヶ崎城」は横浜からブルーラインで一本、「センター南駅」より徒歩5分の山城です。
こちらの山城は城址公園として道も整備されており、山歩きというより公園を散策するような感じで、気軽に山城体験ができますよ!
公園内には遺構の説明や歴史、由来などの看板も立っているので初心者の方にもオススメの山城です。

「ビギナー女子はどんなところが気になるかな?」「どうしたら山城に行きたくなるか?」
取材当日は様々な意見交換が交わされ、お城に対する熱意のこもった現場となりました。
また、「なぜ、ここにこんな凹みがあるのか?」「このすごく深い竪堀は…?」などなど、実際に歩いてみて見えてくる疑問を、西股さんに丁寧に解説していただきながら山城を散策することにより、一層縄張に対する理解を深めることができました。

城びと」のサイトで掲載されている記事をみながら山城を巡っていただくと、よりわかりやすいかと思います。
詳しい内容は、是非サイトをご覧になってみてくださいね!

1月には『完全山城ガイド』(学研様)のお仕事にも携わらせていただき(詳しくはコチラの記事)、お城ブームはまだまだ続くなあ〜と感じております。
是非こちらの山城ガイドを片手に山城へ行ってみてください!

ちなみに「城下町」ではないですが、お城の周りにはオススメのお店もチラホラあるので、是非そんなガイドブックが出たら…、いえ!つくれたら嬉しいなぁ〜と思います!切実に!!

年頭のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。
昨年もWADEのブログをご愛読いただきありがとうございました。

頑張って制作に当たったWADEスタッフの労をねぎらい、
また、毎年のように「不況」と言われる出版業界の売上が少しでも
上がる助力になればと思い、つれづれなるままに
私たちが様々なカタチで携わらせていただいた
書籍・雑誌の紹介を続けてまいりました。

振り返ってみると(ほぼ)毎週欠かさず、作品をご紹介することができたのは、
それだけの数の媒体をお任せいただいたおかげであり、
感謝の想いは言葉では言い表せません。
我々の得意とする「歴史」「建築」「手芸」「医療」「科学」「ビジネス」以外にも
「学習参考書」や「料理」などといった新たなジャンルでのお仕事をきっかけに
日々成長できていることを実感させていただいております。

本年4月には、WADEは創業6周年を迎えます。
改めて初心に戻り、創業当時の情熱を思い直して、支えてくださる皆様への「感謝」を忘れず、
現状に満足せず、さらに「伝わるデザイン」を追い求めてまいります。

また、これまで以上にWADEを支えてくださる皆様と
仕事の枠を超えて、楽しい繋がりを持ち、
「笑顔」と「明るい話題」をご提供できるよう考えておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

本年も引き続き本ブログにて、クライアントの皆様とWADEスタッフが
共に作り上げた素晴らしい結晶をできるだけ多くお届けしたいと思いますので
本年もご愛読のほどよろしくお願いいたします。

株式会社ウエイド
代表取締役 山岸全

迎春だるま

久しぶりのInDesign CS3でプラグインエラーに対処

めずらしく、実績紹介ではない記事です。

久しぶりにAdobe InDesign CS3で作成されたフォーマットを頂いての作業がありました。
分担した1名のマシンでアプリを起動しようとすると、エラーが発生。
「プラグイン Workgroup Client.InDesignPlugin はWorkgroup Client UI.InDesignPlugin と競合しています。プラグインフォルダから2つのプラグインのうち一方を削除して Adobe InDesign を再起動してください。」

InDesign CS3アップデート失敗後のプラグインエラー

アプリケーションの中のInDesign CS3のPlug-Insフォルダにそんなファイルはなく、どうしたものやらとしばし途方に暮れます。

エラーメッセージで検索すると、Adobe公式フォーラムの英語ディスカッションにそれっぽい話題が。
どうやらアップデートに失敗しているのが原因で、アプリパッケージ内のプラグインを正常なものに置き換えればよいようです。

正常なマシンのInDesign CS3アプリアイコンを右クリック(Ctrl + クリック)して、「パッケージの内容を表示」をクリック。
パッケージの内容を表示

Contents → MacOS → Required と開いて、二つのプラグインをSDカードなりUSBメモリなりにコピーします。
InDesignCS3 コピーするプラグイン

同じ操作で起動しないInDesignCS3のパッケージ内のRequiredを開いて、コピーしてきたファイルを上書きすると、正常に起動できるようになりました。

これはMac OS 10.10(Yosemite)での復旧事例です。なぜアップデートに失敗していたのかは不明です。
10.11(El Capitan)、10.12(Sierra)はアップデート前ですら起動できないので、未検証です。(最近ターミナル操作で起動可能な方法も報告されているようですが、結構ハードル高そうです)

日本語では見当たらない記事なのと、日頃ネットの情報にお世話になっているのとで、できるときは誰かの役に立ちそうな話題を、と記録してみました。

年頭のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。
昨年もWADEのブログをご愛読いただきありがとうございました。

頑張って制作に当たったWADEスタッフの労をねぎらい、
また、毎年のように「不況」と言われる出版業界の売上が少しでも
上がる助力になればと思い、つれづれなるままに
私たちが様々なカタチで携わらせていただいた
書籍・雑誌の紹介を続けてまいりました。

振り返ってみると毎週欠かさず、作品をご紹介することができたのは、
それだけの数の媒体をお任せいただいたおかげであり、
感謝の想いは言葉では言い表せません。
我々の得意とする「歴史」「建築」「手芸」「医療」「科学」「ビジネス」以外にも
「学習参考書」や「料理」などといった新たなジャンルでのお仕事をきっかけに
日々成長できていることを実感させていただいております。

本年4月には、WADEは創業5周年を迎えます。
改めて初心に戻り、創業当時の情熱を思い直して、支えてくださる皆様への「感謝」を忘れず、
現状に満足せず、さらに「伝わるデザイン」を追い求めてまいります。

また、これまで以上にWADEを支えてくださる皆様と
仕事の枠を超えて、楽しい繋がりを持ち、
「笑顔」と「明るい話題」をご提供できるよう考えておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

本年も引き続き本ブログにて、クライアントの皆様とWADEスタッフが
共に作り上げた素晴らしい結晶をできるだけ多くお届けしたいと思いますので
本年もご愛読のほどよろしくお願いいたします。

株式会社ウエイド
代表取締役 山岸全

迎春だるま

ビジネスフォンがやってきた!

今週月・火とウエイドに電話の工事が入りました。
ワイヤレスビジネスフォン4台
じゃじゃーん!
家庭用の回線&電話機から、ビジネスフォンへとアップグレード!

最近はひかり電話の2回線を同時に使っていることも多く、人数も増えて受話器の受け渡しやFAXへの切り替えも大変になってきていたのです。
話し中でお客様にご迷惑をおかけしていないか、心配した山岸社長が調査をして、中古なら導入してもよいだろう、との決断が下されました。

電話番号は変わらず、同時4回線通話へとパワーアップ!
創業メンバーには特に感慨深いものがあります。

さぁ皆様、繋がりやすくなったウエイドへお仕事のお電話をジャンジャンお願いいたします!

まだみんな操作に慣れていないので、取り次ぎでちょっとモタモタしたら笑って許してください!

ファイルを開く度に、特定のレイヤーが展開されてしまう問題

年末なので(?)たまにはブログ管理担当も記事を書いてみます。

Adobe Illustratorはものすごい高機能なアプリケーションですが、ごくたまに「アレッ?」と思うような不具合があります。
大抵はネットで検索すれば解決するのですが、しばらく解決しなかった問題がこれ。

とりたてて何もしていないのに、あるファイルを開くたびにレイヤーが展開されてしまう現象です。
ネットで調べると、レイヤーパネルオプションの設定をしなさいとのお答えがほとんどなのですが、そのような設定は変更していないのです。

実害はないし、調べるのに時間もかかるので、しばらく放置していたのですが、ある時気がつきました。
レイヤーが展開されるファイルには、シンボルを登録した後で、元のオブジェクトを削除した時にできたらしき、空のシンボルが残っているのです。
空のシンボル
これを削除すると、謎のレイヤー展開現象は起こらなくなりました。

この現象に遭遇したら、思い出してみてください。

ニューフェイス登場!!(Brother MFC-J6973CDW & 新人K)

このたび初めてブログを担当させていただきます新人のKです。
これからローテーションに加わります。どうぞよろしくお願い致します。

さて今回は、そんな私と同期と言っても過言ではない、
マイ・ブラザー的な存在……

つい先日よりWADEで稼働をはじめた、Newプリンター(ブラザー製)をご紹介したいと思います。
正式名称は、A3ビジネスインクジェット複合機 PRIVIO MFC-J6973CDW!なかなか覚えられそうにない型番ですが、ブラザーのインクジェット複合機で現行最上位機種なのです!

インクジェット複合機は、プリントはもちろん型紙などの下絵をスキャンしたりと、日々の業務に欠かせない存在です。
ウエイド開業の時から使ってきたというEPSONPX-1700Fが古くなってきたため、買い替えることになったのです。

印刷代はデザイン事務所にとっては大きなコストですから、機種の選定は慎重に行ったそうです。
とはいえ、A3フルサイズ以上、スキャン、ファックスに対応した複合機となると機種が絞られてしまいます。
比較対象となったPX-M5041Fと比べて印刷スピードアップ!インク代の節約もできそう!とのことで、A3ノビ対応に後ろ髪を引かれつつ、慣れ親しんだEPSONから乗り換えが決定されました。

PX-1700Fのインクを精一杯使い切って、いざ開封!
Brother MFC-J6973CDW 開封の儀
Brother MFC-J6973CDW 取り出し
本体の大きさは以前のものより小さくなり、とてもスマート!
自動両面プリントや両面同時スキャンに対応しており、
資源節約もデキるエコなやつ。

そして、手差しトレイを使用することにより、
のし紙や和紙、薬袋など様々な厚さの紙の印刷に対応可能です。
特殊紙が好きな私としてはそんな点もとても気になるところです。

まだ緊張気味なのか、時々おかしな機械音もきこえたりもしますが、
これからバリバリと活躍していってくれることでしょう。
私もブラザーに負けないよう、日々がんばっていきたいと思います。

WADEへお越しの際は、チラッと見てみてくださいね。
Brother MFC-J6973CDW 外観

ちなみに、前の機種に親しんできた先輩たちは、操作の違いに戸惑いながら、標準印刷の早さには満足しているようです。
残念なところは、PX-1700Fと比べて色がかなり渋く出てしまうことと、複数ページをまとめて印刷中にインク交換が発生すると、交換後に続きのページを送り直さないといけないことだとか。
あと、まだよく判らないみたいですが、フタが開いた状態でスキャンすると、スキャン時間が大幅に長くなってしまうみたいです。
がんばれ、マイ・ブラザー!