お父さんの隠し湯? 『日帰り温泉&スーパー銭湯2016 首都圏版』(ぴあ)

暖冬ですね。
地球温暖化にエルニーニョ現象だと、日々お天気キャスターが騒いでいる今日この頃ではありますが。
冬の本番はこれから。日増しに寒さは厳しくなっていくはずです。

そんなときに行きたくなるレジャースポットといえば、ズバリ「温泉」ですね。

というわけで、今回の実績紹介はそんな貴方にうってつけのお話です。
こちら、ぴあ様より発売中、『日帰り温泉&スーパー銭湯 2016 首都圏版』のご紹介。
各特集ごとに、ニューオープンの温泉から昔ながらの銭湯までオススメの温泉が、なんと359湯も掲載されてます。

『日帰り温泉&スーパー銭湯2016 首都圏版』(ぴあ)表紙

ウエイドでは巻頭の特集ページと、全体のフォーマット作りを担当しました。
今回は359湯の温泉を紹介するということで、編集部の方が取材して読者の方にお届けしたい情報量が湯水のように涌き上がっておりますが、その大量の情報を見せ場と引く所を作ることによってメリハリをつけ、細々させずに見やすく整理してレイアウトするようにつとめました。
データの構造も後でDTP作業の方の負担が軽減できるように設計しています。

『日帰り温泉&スーパー銭湯2016 首都圏版』(ぴあ)本文

また、全体の雰囲気としては落ちつきながらも楽しく、「ファミリー層〜“お父さん”向け」のデザインになっております。
普通、温泉旅行というと女性同士や家族連れ、カップルなどに人気なイメージがありますが、この“日帰り温泉”というものは、非日常感を味わえながら日帰りもOKという気軽さから、世のお父様方の間で静かなブームとなっているのだそうです。
家族で出かけた帰りに立ち寄るだけでなく、日常の疲れを癒すべく、一人お忍びでサッと行ってサッと帰ってくるといったスタイルが流行だとか。
日々のお仕事や家族サービスを忘れて味わう束の間の逃避行ですね。「おつかれさまです。」

本書には付録として、読者限定クーポンやプレゼントがビッッッシリ付いているので懐にもお優しいですよ。
(ホントにすごい量…)

『日帰り温泉&スーパー銭湯2016 首都圏版』(ぴあ)付録クーポン

さても世間は大掃除に正月支度。暮れても明けてもお父さんには休日なんぞ無いかもしれませんが。
そんな時こそ、“こっそり”休むことも必要かと…。

それでは皆様、よいお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です