作ってみました!モコモコ手になじむネコの軍手ぬいぐるみ!

関東はすでに葉桜ばかりとなり、外もいよいよ暖かくなってまいりました。
ところで寒い冬の間、手袋がわりに軍手を使う人もいたのではないでしょうか?
今回はそんな軍手を使って、ぬいぐるみがつくれる書籍のご紹介です。

軍手ネコのつくりかたBOOK』(光文社さま発行)
kobunsha_gunteneko1

著者はぬいぐるみアーティストの金森美也子さん。
大人の中に眠る子供心をくすぐる、心温まる作品が魅力的な作家さんです!
年に何回かワークショップも開催されているそうなので気になった方は参加してみてはいかがでしょうか?

さて、今回のつくりかたBOOKでウエイドは作り方イラストを担当致しました。

kobunsha_gunteneko2

本書はぬいぐるみ用に手脚の柄になっている専用の軍手、目と鼻になる貝ボタン、ししゅう糸まで入ったセットになっています。
セット以外に、綿と裁縫道具があればすぐつくることができます。

それではさっそく作ってみましょう!

まずは軍手を指示通りに切っていきます。
指示通りとはいえ既製品を切るのは少しドキドキしますね…!

kobunsha_gunteneko3

軍手自体の編み具合もざっくりとしているので、あまり細かいことを考えずにザクザクと縫っていきます。
裁縫というより工作に近いかもしれません。

パーツの形が整ったら綿をつめていきます。
綿の量も指定されているので、計って軍手に詰めていきます。
見た目は結構な量なので驚くかもしれませんが、詰めてみるとちょうど良い量でした。

kobunsha_gunteneko4

だんだんと仕上がりがみえてきました。
軍手と言いながらも手触りが良いので、綿を詰めるとモコモコした触り心地が気持ち良いです。
目鼻の貝ボタンと頭、手脚のパーツを体につなげていき…

kobunsha_gunteneko5

kobunsha_gunteneko6

完成です!!

家にあったリボンを首に巻いてみました。所要時間は30分ほど。
今回はネコをつくりましたが、同じ材料で犬をつくることもできます。

もちろん、市販の軍手を使ってもつくることができます。
材料になる手袋によって、同じ作り方でも違いが出せて面白そうですね。
是非、みなさんも挑戦してみてください!

あっ、ウエイドが担当した作り方図のページは…店頭でご覧下さいっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です