いくつ行った?次はどこに行く?『必ず一度は訪れたい!日本の世界遺産ガイド』(かみゆ歴史編集部 編、彩図社)

去る7月、トルコで開催されていた第40回世界遺産会議にて、建築家ル・コルビュジエの作品17件が、「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」として世界文化遺産に登録されました。
ル・コルビュジエはスイス出身の主にフランスで活躍した建築家で、ピロティや屋上庭園の採用、自由な平面構成といった「近代建築の五原則」を提唱し、後の建築に多大な影響を残しました。
その業績が認められての登録となったのですが、世界各地にある多数の建築が一つの遺産として同時に登録されるというのは世界遺産の中でも珍しい例です。

今回の登録が日本で大きく取り上げられたのは記憶に新しいでしょう。
というのも、登録された建築には、サヴォア邸やロンシャン礼拝堂などに並んで、上野の国立西洋美術館も含まれていたからです。
小笠原諸島を除けば東京初の世界遺産となり、日本の世界遺産はこれで20件となりました。

さて、世界遺産は観光地としても人気がありますが、20件を超すともう何がどこにあるのかわからなくなってしまっているのではないしょうか。
そんな時はこれ、彩図社様から発行の『必ず一度は訪れたい!日本の世界遺産ガイド』(かみゆ歴史編集部 編、彩図社)です。
『必ず一度は訪れたい!日本の世界遺産ガイド』(かみゆ歴史編集部 編、彩図社)表紙
この度登録が決まった国立西洋美術館を始め、日本の世界遺産を全て網羅。来歴、見所、アクセス方法など、観光に必要な情報をバッチリ押さえた便利なガイドブックです。
『必ず一度は訪れたい!日本の世界遺産ガイド』(かみゆ歴史編集部 編、彩図社)本文
観光情報やお得情報だけでなく、先日のオバマ大統領の広島演説全文が載っていたり、世界遺産の意義もしっかりと押さえてあります。
余談ですが広島平和記念資料館を設計した丹下健三はル・コルビュジエの影響を受けているので、西洋美術館と比較してみると面白いかも。

こちらの本では、各世界遺産の地図を製作いたしました。
遺産ごとの範囲や細かな建物の配置、アクセスルートなどを記したもので、あまりサイズが大きくなかったのでなるべくシンプルに、フォントの色分けなどもメリハリがでるよう気をつけました。
『必ず一度は訪れたい!日本の世界遺産ガイド』(かみゆ歴史編集部 編、彩図社)地図1『必ず一度は訪れたい!日本の世界遺産ガイド』(かみゆ歴史編集部 編、彩図社)地図2

ちなみに。世界遺産には「世界遺産候補」ともいえる世界遺産暫定リストというものがあって、日本ではおよそ8件が記載されています。その中には彦根城もあって、1992年の記載以来世界遺産への登録を目指して様々な活動を行っているとか。
ということは、ひこにゃんが世界的キャラクターになる日もそう遠くないのでは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です