複雑な「労働基準法」がわかりやすく一冊にまとまりました!

「ブラック企業」「長時間労働」「過労死」など、ここ最近は企業の労働トラブルに関するニュースが後を絶ちません。

この流れを受けて、厚生労働省も雇用環境の改善に乗り出しました。その一環として、今年5月から労働基準関連法に違反した企業名の公開を、ホームページ上で開始しています。

このように労働問題に対する関心が高まっている今こそ、企業の担当者ならずとも、労働に関する法律の知識は知っておきたいところですね。

そこで今回ご紹介するのは、ナツメ社様発行の『これ一冊でぜんぶ分かる! 労働基準法』です

ウエイドでは、本文のデザイン・DTPを担当いたしました。

労働に関する様々な法律を、豊富な図解とイラスト入りで分かりやすく解説した、 タイトル通り「これ一冊でぜんぶ分かる」労働基準法の入門書です。
デザインは分かりやすさを最優先し、ウエイドからも見せ方のアイデアを色々と提案させていただきました。

巻頭ページには「よくある労使トラブル」など、特に重要な内容を、カラーイラスト入りでまとめて掲載。

本文は左ページに文章、右ページに図解という読みやすい構成。

昨年から人事が頭を悩ませているであろう「マイナンバーの管理」も、これで対策はバッチリです!

roukihou_natume_p4

書類の作成例も、どんな書式でどこが重要なのか、知りたい情報がすぐに分かるようになっています。

担当デザイナーいわく「最初は法律のことはよく分からなかったけど、作業を進めていくうちに労働基準法に詳しくなっていった」「内容を理解する事で制作する図がより分かりやすくできた」とのこと。

ウエイドは図版の作成を得意としております。今回のように「形のないもの」も、うまく図解化することで劇的に内容をつかみやすくできます。
複雑な内容をどうビジュアルに置き換えるか?というのは、デザイナーとしての腕の見せ所でもあります。

最後に、コラム「専門家に相談!」の、ホワイトボードのイラストにもご注目ください。
限られたスペースでホワイトボードっぽさをどう表現するか、若手デザイナーが工夫を凝らした力作です。

roukihou_natume_p5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です