まずは10分集中!楽しく学習習慣を身につける♪ 『まずは10分から学習習慣づけ リビングドリル』(旺文社)

みなさん、「リビング学習」というものを御存知でしょうか?
保護者さんの目に入る範囲(リビング)で、お子さんが宿題や勉強をする学習法です。
保護者さんはお子さんの学習内容を把握でき、お子さんも「みられている」という意識からやる気が高まるというもの。
宿題をみてあげるだけでいいの?お悩みもあると思います。

そんなときに、リビング学習にオススメなのがコチラ!
『まずは10分から学習習慣づけ リビングドリル』(旺文社)表紙
旺文社さんの『まずは10分から学習習慣づけ リビングドリル』(学年別、小学1~4年生向け)
勉強するというよりも、まずは机に向かい学習の習慣をつけることが狙いとなっていて、
日々10分の学習を習慣づけていくことにより、集中力を高めていくのに効果的です!
学習内容も国語、算数など教科が交互に収録されていて日々飽きずに進められ、問題もイラストが多くパズルのような楽しい問題となっています。

『まずは10分から学習習慣づけ リビングドリル』(旺文社)装丁&達成表・シールイラスト
ウエイドでは、カバー、表紙の装丁、達成表とシールのイラストを担当致しました。
カバーをとると、裏表紙が達成表になっており、ドリルをこなしたら付属のシールを貼っていく形になっています。
普通、カバーのついた本はカバーをとると本体の表紙は1色のみの印刷という形が多いですが、このリビングドリルは、本体の表紙もフルカラーなんです!

その理由は…、カバーは保護者さん向け・ドリル本体はお子さん向けとなっているからです。
カバーを拡大してご覧いただくとお分かりになるかと思いますが、お子さんにはちょ〜っと見せられない文章ですよね。
ですが、保護者さんのホンネ!?だからこそ、目をひきつけるカバーとなっているのです!

実際ドリルをお子さんが使用する際には、カバーをはずして渡すことで抵抗なく本文に取り組める仕様になっているワケです。
表紙イラストは『学校では教えてくれない大切なこと』シリーズで大活躍中の入江久絵さんで、そのマンガに親しんでいるお子さんは特に受け入れやすいのではないでしょうか。

また、裏表紙の達成表イラストは学年ごとに違う世界観になっており、学年が進むにつれ世界観の変化も意識しました。
1年生は童話の世界、4年生は宇宙の世界…1年生より4年生はお兄さんお姉さん向けの世界観になっています。

達成表ということで当初はシールを並べて貼っていく表のような形でしたが、日々ドリルをこなしていく過程を道のりのようにすれば、楽しくドリルをこなせるのでは?とご提案させていただきました。
そんなワクワクできる遊び心のご提案もウエイドは得意です!

達成表とシールのイラストを担当致しました、社内イラストレーターのオススメは2年生達成表に出てくるビスケットボーイだそうです。とてもおいしそうですね!スタートからゴールへと…なにやら、なにかから逃げているのかな?途中にいるミス・プリンとはどんな関係が…?
『まずは10分から学習習慣づけ リビングドリル』(旺文社)ビスケットボーイ&ミスプリン
な~んて、物語を想像しながらドリルをすすめていくのも楽しいかと思います。

今後、20分集中するための「もっとリビングドリル」シリーズも刊行予定となっております。
こちらもぜひお手にとってみてくださいね!

楽しく集中力が身につく、大人向けのリビングドリルもあったらいいのになあ、と思いました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です