カテゴリー別アーカイブ: 未分類

森○達也

池田書店さまから発刊されている『現場で役立つ よくわかる緩和ケア』。
ウエイドさんは装丁・本文デザイン、DTP、イラスト、図版…要するに全部担当させていただきました。

kanwakea_2024

内容は看護師さん向けになってます。
忙しい看護師さんでも手に取りやすいようにデザイン、イラストともにやさしい感じに仕上げてます。
やさしいですね。






監修の森田医師ですが、「森田達也」氏といいます。
今回、担当の弊社イラストレーターの名前は「森崎達也」です。

………

これを聞いて何を思うかはアナタ次第。そう、アナタ次第なのです。

実体験から考案!防災について学べる本!

今回ご紹介する本は『やってみた! いのちを守る64の防災活動ー小学生の体験レポート+専門家のアドバイスー』 (さくら社発刊)です。2018年に大阪府北部地震に見舞われたときのことをキッカケに防災について学ぼうと立ち上がった小学生たちが地震体験談、防災対策を実際に行ったことを子どもでもわかりやすくまとめた本です。

disaster prevention-sakurasya-01

ウエイドはデザイン、装丁、DTPとイラストをすべて一式お仕事しました!
全体のデザインは危険を知らせるということで黄色を多く使っていますが、危機感をあおるような感じを避けて丸みがあるフォントや手に取りやすい親しみやすいデザインにしています。
今回は山岸がデザイン、装丁を手掛けて、渡辺がDTPと分業しています。

disaster prevention-sakurasya-02

テーマごとに見やすく、ページの冒頭にアイコンをつけています!
一目でどんなことに対して書かれているか探しやすいです。

disaster prevention-sakurasya-03

テレビの画面が割れた、グラスが割れないように対策するイラストはウエイドの人気イラストレーター関がシンプルに描きました。地震による被害のイメージがわかりやすいですね。

disaster prevention-sakurasya-04

今年も早々に地震が多くて、甚大な被害が多数出ています。今一度この本を読んで、日頃の防災について話し合い、備品の確認など行ってはどうでしょうか?

ウエイドでは防災に携わったお仕事も実績あります。デザイン、イラスト、マップなどお気軽にお問い合わせください。

英語で遊ぼう! You can do it !!!!

今回ご紹介するのは

小学英語 クイズ&パズル100 英語で遊んで、英語が好きになる!
東大カルペ・ディエム /著、 西岡 壱誠/監修)

KUMON_eigoQuiz_P01

小学生のための、英語でクイズとパズルが楽しめる1冊です。

現役東大生が作った、おもしろ&英語力アップの問題が全100問収録され、
アルファベットの問題からスタートして、少しずつレベルアップしていきます。

英単語を知らなくても、ヒントがあるので心配ご無用。
考える楽しさを味わいながら、クイズやパズルを解き進める中で、小学校で学ぶ英語に無理なく楽しく親しむことができます。

今回WADEでは、装丁・本文デザイン・DTPそして、イラストとマンガを含め、丸々一冊担当しております。

紙面は、クライアント様から支給された原案を、
さらに楽しく、そして、出題の意図が直感的に伝わるような工夫を凝らしながら製作いたしました。
本書はイラストの圧倒的な数も楽しい見所となっておりますので、ぜひお手にとってご覧ください。

KUMON_eigoQuiz_P02

また、各章にキャラクターの登場するショートマンガも掲載されています。
こちらも問題集同様にストーリー原案をイラストレーターが脚色して仕上げました。
執筆は『学校では教えてくれない大切なこと』シリーズのマンガパートですっかりお馴染みの、弊社イラストレーターの関が担当しており、笑いあり、サスペンス(?)ありの読み応え満点の作品になりました。

KUMON_eigoQuiz_P03

関曰く、マンガの随所に細かい仕掛けがなされているらしいので、
お子さんだけでなく親御さんも、考察を交えながらじっくり読み込んでみると思いがけない発見があるかもしれませんよ。

学習以外の要素もボリューム満点の一冊となっておりますので、勉強の息抜きにもオススメです。

地政学でしたらウエイドまで

今回は、弊社でブックデザインを担当いたしました
オールカラー図解 いまがわかる地政学』を紹介させていただきます。

こちらの本は数年前からよく耳にするようになった、それぞれの国の地理に注目して他国との外交、軍事、貿易といった事情を分析する学問である地政学の入門書です。

対象は主に学生…、というよりは受験勉強の時期をすぎ、もう一度学びなおしたい!と思いたった方達向けでしょうか(もちろん、受験勉強のお供にも良いと思います)。

「地政学とはなんぞや?」「最近テレビでやっているニュースを知ったかぶりして観ているが、実はよくわかってない」なんて人は、より世界情勢が理解できるし、地政学に対する興味も深まるかと思います。

特に最近(2023年5月現在)ではロシアとウクライナの関係については誰もが理解しておきたい出来事ではないでしょうか。

また、多国間同士だけではなく、我が国日本と多国間との関係性(特にアメリカ、ロシア、中国、韓国など)も日常生活に関わってくる問題なので、現代人の基礎知識として知っておきたいところですね。

こちらの本は1見開きで1項目が地図とともに図解されており、とても簡潔にわかりやすく説明されています。

色でメリハリがつけられていることで要点もわかりやすくなっており、「文字を読むのが苦手」といった方にも手に取りやすい工夫がされています。

また、『オールカラー図解』はシリーズで日本史、戦国史が発行されており、ご興味を持たれた方はぜひそちらもお手に取ってみてはいかがでしょうか。

電気工事士目指すなら

今回は、ナツメ社から出版されている『2023年度版 第1種電気工事士筆記試験完全合格テキスト&問題集』を紹介させていただきます。

denki1_ph01

こちらは本のタイトルからもわかるとおり、電気工事士を目指す方には必須の電気工事士免状を受けるための電気工事士試験の要点や過去問、さらにそれらの詳しい解説が網羅されている本です。

一般の方には馴染みがないことと思いますが、電気工事士にもさらに「第1種」と「第2種」の区分があり、その違いは対応できる電気工事に違いがあります。

具体的には、

第2種電気工事士 → 一般住宅や店舗などの設備の工事

第1種電気工事士 → 第2種の範囲に加え、最大電力500kW未満の工場、ビルなどの工事

となっており、つまりは第1種のほうが対応できる電気工事の規模が大きくなる、ということです。そしていきなり第2種をスキップして第1種を受けることはできず、第2種の免状を取得し、所定の実務経験を積んだ上で第1種の免状を取得する必要があります。

ウエイドではこの本のデザインとDTP、要点整理ページや試験問題中に出てくる図版やイラストの作成を担当させていただいております。

このシリーズにおいて、第2種は以前より担当させていただいておりましたが、今回はじめて第1種を担当させていただきましたので紹介させていただきました。

denki1_ph02

denki1_ph03

デザインとしては第2種を引き継いだものとなっておりますが、新規で作成させていただいた部分もあります。

資格試験問題集などはこれまでも制作させていただいておりますが、こういった内容の本の制作において重要になってくる部分としては、

年度改定に伴った細かい内容の変更や、掲載される試験問題の変更にも対応できるように組版データを使いやすく作成することがポイントです。

特にこの電気工事士試験は、10月上旬に行われた筆記試験を次回の試験のためにすぐに掲載されるというのがこの本の特長であるため、そういったテクニックが必要となってきます。

こちらのブログを読んでいる方のなかに電気工事士を目指している方、もしくはこれから免状取得を思いたったなかでこちらのブログをたまたまご覧になった方がおりましたら、ぜひお手にとってご覧ください。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2020年から始まったコロナ渦。
私たちの生活も少しずつ以前の姿を取り戻しつつあり、少しずつ不安も晴れつつあるとはいえ、まだまだ予断を許さない日々が続いています。

そんな中でも、なんとか乗り越えることができ、例年以上に皆様のご支援をありがたいと感じることができる一年となりました。
改めて御礼申し上げます。

そしてウエイドは今年の4月で10周年を迎えます。

ウエイドが誕生したのは東日本大震災から復興しつつあった2012年。
10年経った2022年はコロナ渦からの復興がテーマです。
あの頃の「なんとかしてやろう!」という熱い気持ちを再び抱いて、今年一年かけ、恩返しの意味を込めて皆様に楽しんでいただけるよう様々なことに挑戦してまいりますので、今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

ウエイド、岩波新書に地形図デビュー!

町の本屋さんに必ずコーナーがあって、字が小さくて頭の良さそうな本が並んでいる…それが私の岩波新書のイメージです。
夏目漱石の『こゝろ』を最初に刊行した出版社としても有名です。

今までなかなかご縁のなかった岩波書店に、ついにお仕事で関わることができました。うれしい!
その本がこちら!
一茶の相続争い 北国街道柏原宿訴訟始末』(高橋敏著、岩波書店
『一茶の相続争い 北国街道柏原宿訴訟始末』(高橋敏 著、岩波新書)
帯のキャッチコピーが強烈です。

タイトルどおり、小林一茶の遺産相続争いを中心とする豊富な史料を読み解いて、知られざる素顔に迫っています。
驚くほど多彩な史料にあたりつつ、一茶と一茶に関わる人々の心理を深く洞察した内容で、ついつい先に読み進んでしまいます。

現代の相続争いにも通じる、大俳人一茶の知られざる相続争い、興味を持った方はぜひ店頭でご覧ください。

さて、ウエイドが担当したのは、巻頭の地図です。
『一茶の相続争い 北国街道柏原宿訴訟始末』(高橋敏 著、岩波新書)地図
一茶の故郷である柏原村の立地を説明した地図で、同村の立地条件を見ながら本文を読むと、より理解が深まります。

地形図作成にはカシミール3Dを使用し、モノクロ印刷用に設定を追い込んであります。
3D地形図はこういった歴史に関する本との相性がとても良いです。
その地域の特色が、直感的に伝わります。
地形図を使いたい、と思ったら、ぜひウエイドにお声かけください!