タグ別アーカイブ: 装丁

パチンコ産業年鑑2021

今回ご紹介させていただくのは…
綜合ユニコム株式会社さま 『パチンコ産業年鑑2021

patinko2021_1

パチンコ産業の動向や展望、 市場規模や性・年代別参加率などのデータをまとめた、 ぎっしり内容の詰まった一冊になります。

patinko2021_2

冊子にはCDがついており、pdfデータでも 冊子と同じ内容のものを閲覧することが できるようになっています。

patinko2021_3

装丁や目次などのデザインは、 弊社デザイナー、稲村が担当させていただきました! ここ数年、表紙デザインは同じものが続いており、 そろそろ変えたいとのご依頼を受け…一新! スマートに仕上がっております~!

弊社はビジネスデータ本も得意としております。
装丁は勿論、データ本をわかりやすくするために欠かせない グラフ等の図版も、ぜひ一緒にご依頼くださいませ。

神保町が好きだ!

みなさん、神保町といえば何を思い浮かべますが?
古本が並ぶ神田古書店街、出版社や編集制作、デザイン、印刷と本にまつわる会社が多数、有名な大学が連なる学生街、レトロな喫茶店やカレーなど食にまつわることなど思い浮かぶことはたくさんありますよね。

今回ご紹介する本は、風讃社さまが編集した『神保町が好きだ!』という小冊子です。(発刊:本の街・神保町を元気にする会

fusanssya_jinboucho_1

「本の街・神保町を元気にする会」はその名の通り、神保町を盛り上げる活動や見どころを紹介しています。この冊子は神保町にまつわることを題材に「ブックフェスティバル」や「古本まつり」に合わせて、年に1回配布しています。
今号の内容に神保町と漫画の歴史について貴重な話が掲載されています。

ウエイドではデザイナーの土屋が装丁を手がけました。
他のお仕事で土屋が担当していた本のデザインを気に入ってくださり、『神保町が好きだ!』の装丁のお話をいただきました。

お客様のご要望は「神保町の古き良きところを残しつつ、イメージを変えたい。」ということで、お客様の要望を踏まえた案と土屋がオススメの案含めて4点を提案しました。
決まったものはメインの写真が見やすく、漫画のような雰囲気を残しつつ、カチッとしすぎない動きのあるデザインでした。
お客様は4点も提案していただいたことに驚かれたそうです。

fusanssya_jinboucho_2

普段は組版と合わせて装丁の話をいただくのが多いのですが、装丁だけでももちろん大丈夫です!
さらにウエイドにはイラストレーターも多数おりますので、イラストをいれたデザインの装丁もご提案できます!
ぜひお気軽にご相談ください。

そして、ウエイドの自社季刊誌『茶柱探検隊』という小冊子を発行しています。
ウエイドにまつわる様々な方に寄稿していただき、いろんな話が掲載されています。
こちらはWEB版でご覧いただけますよ!

fusanssya_jinboucho_3

セキュリティ対策、大丈夫ですか?

企業のネットワークセキュリティの是非を問われるこの世の中…ですが、中小企業では一人情シス問題が深刻化しています…!
そんな一人情シスの味方をするべく1冊の本が出ました。

それが今回ご紹介する本、技術評論社様の『本気のセキュリティ対策ガイド』です!!

情報セキュリティの基本知識や考え方はもちろん、ツールの情報やチェックシート、報告書、ガイドラインなどなど必須な情報を盛り込まれています。

そして、何より社内における情報セキュリティポリシーの周知方法にまで切り込んでいるのです!

security_img_20200212_1

ウエイドは装丁デザインを担当させていただきました。

デザイン担当者に話を聞いたところ、本書のアピールポイントを刷り込み帯という技法を使い、それをうまく作用させる出来になりよかった、と申しておりました。

なるほど、それぞれの要素がカッチリ嵌っていて綺麗な仕上げになっています。
刷り込み帯はカッコよくて好きなのですが、裏まで続いていなかったり、まとめるのが意外と難しく持て余してしまう方が多いと思われます。

担当者は思いのほかきれいにまとまって良かったと言っていましたが、それは腕のいいデザイナーだからこその結果だと、少し自社自慢をしたくなりました。

本書は、弊社スタッフ原田著の『クリエーターのための超速地図デザイン術』のご縁でいただいた案件でもありますので是非こちらもよろしくお願い致します。

偉人たちの名言が、自分の生き方を後押し!

「賽は投げられた」
「私には夢がある」
「私たちの時代の平和を手に戻ってきました」
歴史の中には人々を鼓舞する、またはハッと人生の意味を気づかせてくれる名言が数多くあります。

この度ウエイドではそんな名言の数々を紹介する本を手がけました。
それが国土社様から刊行の『伝えよう 心にのこる偉人たちの名言』です。

kokudo_ph01_fig1

本書はアリストテレスから手塚治虫まで、数々の名言が掲載されています。

ウエイドはこちらの本の装丁と全体のフォーマットをデザインしました。
小学生向けの本ですので、ポップで軽やかな印象に。2C印刷でも全体が単調にならず、躍動感が出るよう心がけました。
お子さんも気軽に読めて、かつ歴史の勉強にもなるお得な本に仕上がっております。

kokudo_ph02_fig2

kokudo_ph03_fig3

ところでみなさん何か好きな名言はありますか?
私のお気に入りの名言は、チャップリンの「I used to think that my life was a tragedy. But now I realize, it’s a comedy.(人生はアップで見ると悲劇だが、ロングショットでは喜劇である)」です。

研究と発表

9月になったとはいえまだまだ蒸し暑いですね。

学生さんは新学期に入り、また忙しい毎日をお過ごしでしょうか。

ところで夏休みの宿題と言えば、自由研究
テーマを自分で決めて、研究や制作をして、夏休み明けには提出や発表会がありました。
(わたしはギリギリ直前になってやるタイプです。。。)

最近の小学生の自由研究は親がテーマ決めを手伝ったり、テーマにまつわる体験をさせるためにどこかに連れて行ったりと大変みたいですよ。
本屋でも自由研究を手助けする本やムック本が満載です。

今回、旺文社様より『学校では教えてくれないシリーズ』で自由研究に向けての本が『研究って楽しい』と『発表がうまくなる』の2冊発行されました。
同時にこの2冊と自由研究ノートをセットにしたものも販売されております。

ohbunsya_gakkoudeha_1

一般的な自由研究の本はアイデアやネタは満載なのですが、肝心な研究とはそして、その表現の仕方を我々含め良く理解してないのでは?と気づかされる本です。

ウエイドではマンガをイラストレーターの関が、装丁・デザインとDTPを木下と菅野がチーム一丸になって担当しています。

今回はより企画の段階からウエイドにお任せいたただいているところが大きく変わったところです。

特にマンガの制作は旺文社さまと編集プロダクションさまのテキストベースの大まかなストーリーを基にコマ割りやオチなど全て、関にお任せくださいました。
キャラクターの世界観・設定などもゼロから関がデザイン・発案しております。
こだわりは研究にちなんでキャラクターの名前が「ラボ」と「ラトリ」や魔女のなど細部に渡って面白い設定にしました。

ohbunsya_gakkoudeha_2

自由研究ノートもこの2冊の関係するイラストを使用しており、親しみやすく、仕上げております。
表紙もかわいいらしくコミカルに、自由研究のやる気が湧いてくるようなイメージで木下が仕上げています。

ohbunsya_gakkoudeha_3

そしてこの巻の帯のタイトルがシリーズ累計200万部突破となりました!

ohbunsya_gakkoudeha_4

ところで昨今の日本の小中学生は論理的に思考や表現が世界から見ても弱いと言われております。
今年4月の中学の全国統一テストの英語の教科で「話す」分野の極端に正答率が低いのだとか。
自分で考えて行動、表現することが苦手ということですね。
身につまされる話です。

この本を読んでノートに書き込んで行くと、どんなに小さなテーマでも深い研究になり、発表ができるようになると思います。
大人が読んでも日々の生活になにか役立つことのきっかけになるのではないでしょうか?

みなさんも興味深い分野の本なので是非読んでみて下さい!

「まめ」に「スタ」ディ!『まめスタ』!

今の時期、学生のみなさんは夏休みですね。
お祭りでかき氷食べて、花火みたり、カブトムシ飼ったり、スイカを食べたり…
はたまた、ボトルキャップチャレンジしている子もいるのでは?
QOL爆上げに忙しい毎日ですね!

…忘れちゃダメですよ。
……そうです。
勉強という、大いなる存在を…!

「思い出づくりに必死すぎて、勉強が追いついてないよ( ; – ; )」
なんていう、小学生たちに朗報です!
今回ご紹介するのは、ちょっとしたスキマ時間に効率的に勉強できる、文英堂様の『まめスタ』!

(小学校の帰り道に花の蜜や雑草を食べて、のほほんと育ったゆとりの筆者にはちょっと縁遠いお話かもしれないですが…!丹精込めてご紹介させていただきます!笑)

mamesuta1

ウエイドでは
◎装幀
◎紙面デザイン
に、携わっております。

いかに見やすい紙面にできるか、そして勉強に集中できるデザインにするか…
より良いものにするため、熟考に熟考を重ねた結果出来上がったデザインです。

スキマ時間で「まめ」に「スタ」ディ、『まめスタ』。
本書は中学校受験を控えている、小学生の皆さん向けの教材です。
こういった教材は「買ったこと自体に満足して結局やらない…」ということがありがちかと思いますが。

この『まめスタ』であれば、心配ご無用!
なぜならば、

◆厚すぎず、大きすぎず、ちょうどいいサイズ感
ソフトカバーで手にフィット感もあり、すっと出してすっとしまえる便利なサイズなので、通学の電車の中など、ちょっとした時間に気軽に読めちゃいます。
とっつきやすさ抜群です。

◆入試に出やすい順に学べる
ポイントをおさえた内容になっており、短い時間で効率的に勉強できちゃいます。赤シートも併せて使えるので、しっかりと知識を定着させることが可能です。

◆落ち着いた紙面デザインで集中力UP
『まめスタ』の対象レベルは、ちょっと上級者向けです。
スッキリとしたデザインに仕上げ、知識がすんなりと頭の中に入ってくるように考慮されています。

…などなど。
おすすめポイントがこんなにも!

mamesuta2

『まめスタ』シリーズは、3教科(全6冊)あります。

・国語(『慣用句・ことわざ』、『四字熟語・語句』)
・理科(『物質エネルギー』、『生物・地球・宇宙』)
・社会(『地理』、『歴史』)

一教科を重点的に抑えるもよし!シリーズを網羅して受験対策するもよし!

まずはぜひ、お手にとってご覧くださいませ。
きっと、いい出会いになるはずです。

考えてはダメです…
感じるんです…
「これを読んだら受かる!」
と………!

真夏の主役を目指して、Let’sボディメイク!

最近、都内でスポーツジムを良く見かけるようになりました。
家の最寄駅の前には24時間営業のジムが一軒ありますし、職場の近くにはヨガ教室も含めて5、6軒はあるようです。
調べによれば昨年フィットネス業界は7年連続の増収となったようで、ジムに通う人の数は今後も増えていくと見られます。

さて、ジムで運動する人が増えれば、その分インストラクターが必要になるのは自然なこと。
特にこの頃は美容のためにジムに通う人向けの、「ボディメイクインストラクター」という資格の需要が高まっているのだとか。

この度ウエイドではこのボディメイクインストラクターの資格を取る方向けの教材の制作に携わりました。
それがこちら株式会社キャリアカレッジジャパン様から発刊されている『ボディメイクインストラクター資格取得講座』です。

kyarikare_ph01_hyoshi

こちらは通信講座の教科書で、在宅で資格取得試験や開業にむけての勉強ができます。
ウエイドが担当したのは表紙、本文のデザインに組版、イラストの制作です。

制作にあたって気をつけたことは、まず教科書ですのでわかりやすくすること。
そして比較的若い人向けなので、今風のちょっと洒落てるデザインを心がけました。
掲載されているイラストも全て社内のイラストレーターが描きましたが、フェミニンで軽やかなタッチに仕上げております。

kyarikare_ph03_text

kyarikare_ph02_fig

今回の本はデザイン・組版・イラストと本の制作ほぼ全てを一手に引き受けた仕事となりました。
本の制作全般をどこかのデザイン事務所に一括して任せて、効率化をはかりたいたいという編集者の方。

まずは気軽にご相談ください!